恋愛工学のテクニック一覧
モテスパイラル

恋愛工学 【モテスパイラルを作る方法】まずはブサイクな彼女を作る。話はそれからだ。グッピー理論からわかるモテとは。

モテスパイラルの概念は、恋愛工学においてかなり重要である。

モテスパイラルとは、「モテる男がさらにモテる」ということだ。

世間ではモテ期というやつだ。
モテ期は運気とか巡り合わせとかそういった話ではない。
グッピー理論の観点からも、モテ期は科学的に証明されている。

グッピーの世界でもイケメンがモテるのではなく、モテるオスがモテる。

この法則を利用してモテスパイラルを作っていく必要がある。

非モテ、もしくは童貞の方は、まずブスとセックスしてほしい。
そしてできればブスの彼女を5人くらい作ってほしい。

そうすれば確実にモテスパイラルに入ることができる。

今回はモテスパイラルに入る方法を解説する。

⇒【恋愛工学のテクニック 一覧

⇒【モテ男は2種類 Good genesとGood dud

まずはブサイクな女とセックスしろ!

ブスを敬遠する非モテ

モテスパイラルを作る方法、それはまずブスとセックスすることだ。

友達「お前、この間の合コンの子どうだった?」

非モテ「え?ブスだったから攻めないよ。あれはひどい」

非モテはいつもこう言う。
「ブスだったから」「可愛くないから」「タイプでないから」

だから非モテなのだ。

言っておくが、僕ら非モテに女の子を選ぶ権利など1ミリもない。
選んでいるのは僕ら男ではない。

僕ら男は女の子に選ばれる商品なのだ。
ブスであろうと、こちらを許してくれるなら、積極的にトライすべきだ。

まああれだ。
そんな非モテにはブスであろうと、相手はしてくれないだろうな。
ちゃんと辛い現実と向き合ったほうがいい。

話がそれた。
僕らがまずやるべきことは、身の丈にあった女の子と試合をすることだ。

まずはスライムを倒してレベル上げをする

非モテの僕らがまずやるべきこと。
それはスライム狩りだ。

草原でスライム狩りをしてレベルを上げるのだ。
ポケモン世代なら、別にポッポ狩りでもいい。

とにかく、この低いレベルを上げずにはぐれメタルに挑むことなど不可能なのだ。

ドラクエで言えば、みんながわかっていること。
しかしこと恋愛になると、どうして勘違いしてしまうか。

みんなキングスライムと出会うまで、なぜか戦おうとしない。

だから一生レベル上げができず、スライムすらも倒せずに人生がを終わってしまうのだ。

まずはブサイクとセックスする。
これだけでレベルがかなり上がる。
童貞なら軽く10レベルくらい一気に上がる。

⇒【非モテマインドは言葉に現れる

彼女5人くらいが理想

ブサイクとセックスすれば、自然と向こうから「付き合おう」と打診がくる。

「私たちって付き合ってるんだよね?」ってやつだ。笑

ここで付き合ってもいいし、付き合わなくてもいい。
非モテのうちは特に何も考えず付き合ってしまえばいい。

キープの力もそれほどないはずだし、いい練習の機会になる。

ストリートナンパ、マッチングアプリ、街コン、出会い系、なんでも使えばいい。
とにかく相手を選ばずに戦いまくる。
実戦で経験を積む。

彼女が複数人のなれば、かなりの実力がついてと言える。

圧倒的自信、”モテ男の振る舞い”は自然と現れるもの

「モテは雰囲気で出せる。」
確かにその通りだが、それは器用な人に限ってだ。
演技派でない人はすぐに非モテがバレる。

“モテ”に振る舞う非モテは一番痛い。

だからまずは彼女を複数人作るのをオススメしている。
ブサイクの彼女なら、恋愛工学を使えば、それほど難しくない。

泥水をすする気持ちでセックスするのだ。

ブサイクであろうと、安定的にセックスできる相手ができると非モテの人生は変わる。

恋愛工学で言うところの「一発のセックスで人生は変わる」である。

 

「自分のことを好いてくれる女がいる」という感覚は男の人生を変える。
女がいる男といない男では、マジで面構えが違う。

セックスさせてくれる女、それは男にとって圧倒的肯定なのだ。

その感覚を得て、初めて男はモテをの振る舞いが出る。
意識しなくてもその余裕というのは滲み出る。

所作もそうだし、LINEで送るメッセージ一つでも余裕が全然違うのだ。

⇒【LINEに魔法のメッセージなどない

グッピー理論

恋愛工学にはグッピー理論というものがある。
モテるオスがさらにモテるという理論だ。

メスのグッピーとフツメン以下のグッピーが交尾している様子を、もう一匹のメスのグッピーに見せる。

その後、綺麗な尾びれ背びれを持ったグッピー(イケメングッピー)と先ほど交尾をしたフツメン以下のグッピー、そして交尾を見ていたメスのグッピーの3匹を同じ水槽に入れる。

すると、メスはイケメングッピーとは交尾せず、先ほど他のメスと交尾をしたフツメングッピーの方へと向かっていく。

引用:僕は愛を証明しようと思う

動物の世界でもモテるのは、イケメンではなく、”セックスしているオス”なのだ。

だからこそ僕らは、ブスとセックスしてモテ状態に入り、モテスパイラルに入る必要があるのだ。

⇒【非モテコミットを治す方法

格上にアタック

ここまで来て、ようやく君も格上にアタックできる。
クラスで2、3番目に可愛い子。
すれ違う美しい人。

ようやくだ。
ただしまだ勝てるわけではない。
そりゃそうだ。

やっとスライムに勝てるようになっただけ。
ここからが僕ら恋愛工学生の本番。勝負なのだ。

その代わりモテスパイラルに入ってる分、勝率はかなり高い。

焦る必要はない。
僕ら工学生はみんな、泥水をすすりながらブスとの戦いを経てきた。
僕だってまだまだブスとの戦いは続いている。

まずは草原に出て、スライムを倒そう。
話はそれからだ。

⇒【恋愛工学のテクニック 一覧

⇒【セックスするまでの流れ“ACSモデル

⇒【モテるため大事には、試行回数

関連記事

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です