恋愛工学のテクニック一覧
ACSモデル

【恋愛工学 テクニックまとめ】非モテが”モテる男”になるための方法。君も童貞を卒業し、彼女を作ることができる。

恋愛工学のテクニックを使えば、非モテでも女性と仲良くできる。
今日、僕ら非モテが女性とうまくやれているのは、恋愛工学のおかげだ。

モテ男になるためにはどうしたらいいのか。
全て恋愛工学が教えてくれた。

恋愛は決して運ゲーではない。
進化心理学に基づくことで、恋愛は工学として扱うことができる。
女性に対して、一定の法則を見出すことができるのだ。

僕ら非モテも恋愛工学があれば変われる。
童貞を卒業できる。

 

ぜひ恋愛工学のテクニックを学び、非モテから脱して欲しい。

世の中に流布している恋愛の考え方とは180°違う。
しかし、セックスできるのはこのやり方だ。

今回は恋愛工学のテクニックをまとめた。
ざっと学んで概要を掴むもよし、すでにプレイヤーである方は復習するもよしだ。

⇒【恋愛工学とは?

⇒【童貞はスライムから倒せ

女をディスる技術

「女性に優しく」

恋愛指南書には必ず書いてある鉄板の教えだ。
恋愛工学は逆をいく。

女性をディスるのだ。
普通の男に女性をディスることはできない。
だから女性も、「この男は普通とは違う」と思う。

女性は総じてMっ気がある。
からかわれたい生き物なのだ。

恋愛工学では好きな女性に対し、へこへこしない。
強気でディスのスタンスでいく。

ただしディスりは諸刃の剣。
下手なディスりは嫌われて終わる。
ただの嫌なやつだ。

女性からの食いつきがある状態でこそ、ディスガ働く。
また、女性の心をあまりえぐらない優しいディスの方がいい。

「え、LINEってアプリ知ってんの?」
「スマホ使いこなせるんだね」
「そんな子供みたいな感じで、お酒飲めるんだ」

これくらい小さないじりなら安全だ。

⇒【非モテマインドは言葉に現れる

⇒【ディスるコツは”褒めないこと”

スタティスティカルアービトラージ

スタティスカルアービトラージは、テクニックというより、考え方に近い。

スタティスティカル (statistical)・・・統計上の、統計的な

アービトラージ (arbitrage)・・・さや取引、裁定取引

統計学的に女性にアプローチする方法という意味だ。

 

スタティスカルアービトラージを図式にすると以下の通り。
特に覚えて欲しいのはこれだ。

「男のモテ = ヒットレシオ × 試行回数」

男のモテはヒットレシオ試行回数で決まる。

ヒットレシオは、女性にヒットする確率。
イケメンや高身長、かっこいい服装、喋りが上手いとヒットレシオは上がる。

試行回数は、女性にアタックした回数。

 

つまりモテとは、ヒットレシオを高めて、数を撃ちまくればいいだけなのだ。

この考え方をスタティスカルアービトラージと言う。
この姿勢さえあれば、彼女は必ずできる。

⇒【ヒットレシオを上げる方法

⇒【超簡単にできる“男の化粧”でスト値上げ

⇒【デートへの誘い方(LINE)

あわせて読みたい
【恋愛工学 スタティスカルアービトラージ】非モテに最も大事な考え方。モテるためにやるべきこと。スタティスカルアービトラージとは、恋愛工学のモテ男を定義した考え方です。 「モテ(女性とセックスできる)= ヒットレシオ  × 試...

ACSモデル

ACSが以下の3ステップで成り立つ。

  • A:Attractionフェーズ(魅了
  • C:Comfort-Buildingフェーズ(信頼
  • S:Seductionフェーズ(誘惑

Aフェーズ

まずは一番初めのAフェーズ。
女性を魅了するフェーズになる。

「attract=魅了する」

モテる男だと思わせることが一番大事だ。

女性にへこへこしない。
余裕のある態度を見せる。
適度なディスりを入れる。

Aフェーズで相手を魅了できないと恋は実らない。
次のフェーズに進めないからだ。

そして一番難しいのもこのAフェーズ。
LINEを交換しても、食いつきが悪いのは、このAフェーズで相手を魅了できていないから。

だからLINE交換など、大した意味はないのだ。
勝負はLINEを交換する前のAフェーズで決まっている。

⇒【一番の難関、”Aフェーズ”を徹底解説

Cフェーズ

Cフェーズは女性と仲良くなるフェーズだ。
AフェーズをクリアしないとCフェーズには移行できない。

アポ(デート)の打診が通ったら、Aフェーズはクリアしている。
Cフェーズの戦いだ。

「Confort=快適にする、楽にする」

Cフェーズでやることは女性への共感。
女性の話を、ふんふんと頷こう。

どんどんおしゃべりさせてあげよう。
そうすることで女性からの信頼が高まる。

また二人の親密度を高めていくために、適度なボディタッチも入れていく。
突っ込みで二の腕を叩いたり、手相ルーティンを使って触れる。

食事をして店を出るときは、手をつなごう。

手繋ぎまでこればCフェーズはクリアだ。

⇒【Cフェーズ 女性と会話するときのコツ

⇒【ホテルに搬送するタイミングと場所

あわせて読みたい
【恋愛工学 奥義サウザーシフトとは】建前と雌豚という概念。CフェーズからSフェーズへの移行。金融日記第138号で紹介された「奥義サウザーシフト」。 この概念は必ず知っておくべきだ。 サウザーシフトはCフェーズからSフェー...

Sフェーズ

Sフェーズは相手を誘惑するフェーズ。

ただしここでも少しのステップを踏む必要がある。
ホテル打診の前にハグやキスを入れる。

ここまできてようやく、ホテルに行こうと打診するのだ。

もちろん告白などいらない。
Aフェーズ、Cフェーズとクリアしていれば、Sフェーズには上手に移行できる。

ただし、心理的障壁が一番大きいのもこのSフェーズだ。

 

初心者の頃は特にシュートを撃つのにも一苦労。
「せっかく築いた関係が崩れたらどうしよう。」
「ホテル打診をして断られたらどうしよう。」

なかなか最後の「お前と二人になれる場所に行きたい」が言えないのだ。

いくら恋愛工学をマスターしても、最後の人押しは勇気だ。
シュートを撃つためには、あなたの勇気しかない。

以上がACSフェーズ。
恋愛は、この流れで進めていけばいい。
淡々と同じことを繰り返すだけだ。

恋愛がうまくいかないなら、どこかのフェーズでミスっている。
それを見極めよう。

⇒【ホテル・家に誘う方法

⇒【モテるため大事には、”試行回数”

⇒【Sフェーズまとめ シュートの決め方

あわせて読みたい
【恋愛工学 ACSモデル まとめ】恋愛の大原則。各フェーズでやるべきことを徹底解説。恋愛工学で提唱されているACSモデルは、恋愛において基本となる。 ACSモデルは3つのフェーズから成り立つ。 Aフェーズ...

イエスセット

イエスセットは、女性がYSEと答えやすい質問をすること。
心理学であり、本来は営業のテクニックとして使われている。

イエスは肯定を示す。
イエスと答え続けることで、質問をしてくる相手が肯定的に見えてくるのだ。

イエスを繰り返させることで、女性からの信頼を得ることができる。

コツは明らかにイエスと答える質問をすること。

ビールを飲んでいる女性に対し、「ビール好きなんですか?」

繁華街で出会った子に対し、「この辺にはよく飲みにくるの?」

グッチのバッグを持ってる子に対し、「グッチ好きなの?」

女の子がNOではなく、YESと答えやすい質問を繰り返して行こう。
あなたへの信頼感が増す。

⇒【相手に「はい」と言わせる心理学

バックトラックキング

バックトラッキングは、女性の回答をそのまま繰り返して聞くこと。
バックトラックさえあれば会話は無限に続く。

会話が苦手な方は、とにかくバックトラックが有効だ。

女「昨日、海に行ってきたの〜」

男「へ〜、海に行ったんだ!?」

女「やっぱり夏だし、すごいたくさんの人がいたよ」

男「へ〜、人はやっぱりたくさんいたんだね〜」

女性が言ったことをそのまま繰り返して、質問にするだけ。
相槌の感覚に近いです。

文面にすると、「こんなんで会話が続くのかよ!」って怪しいですが、マジで続きます。
バックトラックするだけで、女性はポンポン話を続けてくれます。

上手な人は、多少アレンジしてバックトラックします。

女「この前、タピオカ飲んだんだよね〜」

男「へえタピオカってあの今人気なやつ?」

女「そうそう!めっちゃ美味しいよ!」

男「あんなのほんとに美味しいの〜笑」

あくまで女性が言ったことを繰り返しつつ、多少自分の質問も入れます。
これで会話は無限に続きます。

⇒【バックトラック3種類 具体例

あわせて読みたい
【恋愛コミュ障必見!】「ラポール形成」で女性と会話が"無限"に続く。心理学(NLP)で信頼関係を築く方法。-恋愛工学-相手が心を開いている状態、信頼感や安心感があり打ち解けた状態のことを、ラポールと言います。 「ラポールを築く」とは、「信頼関係を築...

ミラーリング

ミラーリングは相手の動作を真似ることです。
あからさまにやると、バレて気持ち悪がられますが、少しの動作ならできます。

例えば、ご飯を食べている時。
相手が前かがみなら、こっちの姿勢も前かがみ気味に。
相手が水を飲んだタイミングでこちらも水を飲む。

初めは意識してこちらが女性に合わせますが、そのうち女性の動作がこちらに一致してきます。

動作が似通ってくるほど、相手はこちらに好感を抱くようになりましす。
簡単にできる心理学テクニックなので、どんどん使っていきましょう。

タイムコンストレイントメソッド

タイムコンストレイントメソッドは、時間に制限を設けることで女性の警戒心を解く方法。

例えばナンパで、女性に「飲み行こうよ!」と誘う場合。
女性は面白いかわからない男と延々と飲み続けるのは嫌。
だから決めかねることになる。

それが「30分だけ飲もうよ!」となら、最悪クソ男でも30分で解散できるのならいいか。となる。

僕がナンパで使う方法は、「5分だけスタバでお茶しません?」だ。

5分なら女性も許してくれやすい。
延々と終わりの見えない付き合いは嫌なのだ。

ナンパ以外でも、「土曜日15〜16時までお茶しない?」でもいい。
時間に制限を設けることで女性は承諾しやすくなる。

セックストリガー理論

セックストリガー理論は、名の通り、セックスで女性のトリガーを引くことだ。

女性は好きな男とセックスするのではない。
セックスした男を好きになる。

だからこそ、恋愛工学の基本姿勢は、告白する前にセックスするだ。

セックスさえしてしまえば、女性は自分のことが好きになる。
だから僕らが目指すべきは、「告白して彼女にする」ではなく、「セックスして自分のことを好きにさせる」なのだ。

⇒【女友達との恋愛がクソな理由

グッピー理論

グッピー理論は、女性はかっこいい男が好きなのではなく、他の女にモテている男が好きという理論だ。

僕愛から引用しよう。

メスのグッピーとフツメン以下のグッピーが交尾している様子を、もう一匹のメスのグッピーに見せる。

その後、綺麗な尾びれ背びれを持ったグッピー(イケメングッピー)と先ほど交尾をしたフツメン以下のグッピー、そして交尾を見ていたメスのグッピーの3匹を同じ水槽に入れる。

すると、メスはイケメングッピーとは交尾せず、先ほど他のメスと交尾をしたフツメングッピーの方へと向かっていく。

引用:僕は愛を証明しようと思う

イケメンではなく、女性はモテている男が好きなのだ。
確かに、女性のかっこいいは案外曖昧なもの。

モテている雰囲気を出せば、女性は「この人かっこいい」と思うようになる。
僕らが実践するのはモテ男になりきることだ。

余裕のある態度。
落ち着いた話し方。
気の利いた気遣い。
そうやってモテている雰囲気を出そう。

僕自身も歴代の彼女に「なんかかっこいいよね」と言われてきた。
僕はイケメンでもなんでもないのにだ。

女性のかっこいいはあてにならない。
所詮、モテている男が好きなである。

⇒【一夫多妻は日本にも実在した!

モテスパイラル

モテスパイラルは、グッピー理論に少し似ている。
モテる男はさらにモテていく理論。

恋愛工学の戦略として、まずはブスでもいいのでセックスすること。
ブスでもセックスすることで男には余裕が生まれる。

また不思議なことに、女性はモテている男を察知する能力に長けている。

巷でいう「モテ期」はまさにモテスパイラルのことなのだ。

相手がブスであろうと、モテには変わらない。
「俺のことが好きな女は世の中にいる」

このマインドが次の女性をさらに惹きつける。
だからまずはレベルの高くないブスを落とすことだ。

Easy win first.

やってはいけないのは、いきなりハイレベルの美女を口説くことだ。
非モテが口説けるわけない。

しかし非モテであろうと、ブスを何人か倒し、モテスパイラルに入って状態で美女に対峙すれば、かなり勝率が上がる。

あわせて読みたい
恋愛工学 【モテスパイラルを作る方法】まずはブサイクな彼女を作る。話はそれからだ。グッピー理論からわかるモテとは。モテスパイラルの概念は、恋愛工学においてかなり重要である。 モテスパイラルとは、「モテる男がさらにモテる」ということだ。 世...

 

恋愛工学のテクニックは以上だ。

ぜひ恋愛工学を履修し、たくさんの女性とセックスしてほしい。

⇒【フォローすべき恋愛工学生

⇒【恋愛工学 LINEの運用法

⇒【人は、魅力でしか縛れない

⇒【恋愛工学生のファッション①

⇒【モテるため大事には、試行回数

⇒【非モテコミットに対する勘違い

関連記事

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です