恋愛工学のテクニック一覧
LINE

【効率的に彼女を作る&モテる】新規LINEの連絡先の確保が必須。恋愛は”数”。とにかくLINE交換をしまくる。

効率的に彼女を作る&モテるために必要なのは、どんどん新しいLINEをゲットすること。
一人の女にこだわるのはダメ。

とにかく次から次へとLINEの流入が大事になる。
遠回りに見えるが、結局このやり方が一番早い。

非モテコミットは避けられるし、自分のことが好きな子にもそのうち出会える。

そう、大事なのは自分のことを好きになる子と出会うことなのだ。
下手な鉄砲も数打てば当たる。

恋愛で大切なのは、ダメなら次にいくという統計学的姿勢なのだ。

だからこそモテたい&彼女を作りたいのなら、新規連絡先の確保が一番の課題になるのだ。

LINEの連絡先の確保がかかせない 非モテコミットはクソ。

彼女を作るためにまずやるべきことは、新規の連絡先をゲットすることだ。
ナンパ、合コン、街コン、相席屋、マッチングアプリ、なんだっていい。

とにかく一定期間集中して、色んな女の子と出会うこと。
新しい連絡先を確保することが大事だ。

彼女がいない非モテが、一人の可愛い女の子にターゲットを絞って落とすのは、至難の技すぎる。

みんなそんな風に一人を狙うから彼女ができない。

非モテコミットにつながるし、そもそもその子が自分のことを好きになってくれるのは、運ゲーなのだ。

⇒【非モテコミットを治す方法

結局遠回りに見えることが一番早い

「たくさんのLINEをゲットするなんて大変…。それなら一人とずっとやりとりしていたいよ…」

このやり方が一番非モテにつながる。

一人の女性に対し、長い時間をかけて恋愛に発展させようとするやり方はクソだ。
まさしく非モテコミットフレンドシップ戦略である。

あわせて読みたい
【童貞に多い!】非モテコミットとフレンドシップ戦略。女性に搾取され、気持ち悪がられるのはやめにしよう。モテない童貞男のほとんどがやっている大きなミスは、非モテコミットとフレンドシップ戦略です。 非モテコミットとは、一人の女性に気持ち...

 

毎週街に出向き、たくさんの子を口説いて、LINEをゲットするのは大変な作業に見える。
確かに苦痛も伴う。

しかし、このやり方が一番早い。
三ヶ月かけて、よくわからない子を口説いて玉砕するより、一ヶ月かけて自分のことを好きな子を見つけた方が早い。

恋愛なんて運ゲー。自分のことを好きになる女は必ずいる

恋愛は運ゲーだ。
ほとんどの場合、状況で決まる。

例えば、あなたが福山雅治ほどのイケメンでも、出勤前のOLをナンパでゲットすることはできない。
なぜなら彼女は忙しいから。

そんな感じで、女の子にもそれぞれ状況がある。

・彼氏と別れたばかりの子
・ずっと恋愛をしていなくて、ちょうど下いとお持っている子
・仕事で失敗して落ち込んでいる子
・一人で上京してきて不安な子
・たまたま自分と好みが合う子

あなたの身なりがそれなりにしっかりしており、体型も普通なら、モテないのはあなたが悪からではない。(清潔感のあるファッション

そういう相手と出会っていないだけだ。

だからこそ彼女を作るのは、彼氏を欲している子、恋愛したい子を探すゲームなのだ。

恋愛をしたいと思ったら、どんどん新しい女の子と出会うことが必須だ。

・街コン
・ナンパ
・出会い系アプリ
・相席屋
・合コン
・昔の知り合い
・イベント

なんだっていい。
確かにお金も時間もかかる。

しかし彼女を作るのは、それくらい覚悟のいることだ。
上に挙げた全てのツールを使えばいい。
得意なものだけでも構わない。

使えるものは使ってどんどん新規のLINE流入を確保しよう。

⇒【恋愛工学 LINEの運用法

目の前の女にくよくよするのなら、次の女いけ

たくさんの女の子と出会うと、そのぶんうまくいかないことは多い。

ナンパなんてほとんどうまくいかない。
合コンでLINEを交換しても、デートに繋がらなかったり、既読スルーされることは多い。

いくら恋愛工学を使おうとダメな時はダメなのだ。

 

大切なのは、統計学的姿勢。
ダメなら次に行く。

断言するが、デブで臭そうなキモ男でなければ、恋愛は必ずうまく行く。

うまくいかないのは単純に試行回数が足りないだけ。
絶対にうまくいく。

だから、既読スルーされたくらいでくよくよしている暇はない。
ダメなら次に行く。

絶対に君のことを好きになってくれる女の子はいる。
目の前の難しい女の子を落とすより、自分のことを簡単に好きになってくれる女の子を探そう。

恋愛初心者がまずやるべきことは、そういったゲームなのだ。
それだけでも十分幸せになれる。

⇒【モテる服の選び方

⇒【非モテマインドは言葉に現れる

⇒【2大やってはいけない、フレンドシップ戦略と非モテコミット

関連記事

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です