恋愛工学のテクニック一覧
ACSモデル

恋愛工学【ホテル打診&家への誘い方】直接言うのはNG!密室に誘う理由は”言い訳”を作る。

女の子とうまく和み、いよいよ密室に誘う局面へ。
一体なんと言って誘えばいいのか。

大事なのは、言い訳となる適当な文句で誘うことです。

「アイスクリームでも食べようよ」
「もうちょっと話したいな」
「DVDでも見ようよ」

直接「セックスしようよ」は絶対にNG。

密室に誘う方法は、女の子に“言い訳”を作ってあげること。
そうすれば「建前さん」をすり抜ける事ができます。

今回は密室に誘う方法について解説します。

⇒【Cフェーズ 女性と会話するときのコツ

⇒【CからSフェーズへ移行 サウザーシフト

密室に誘う文句は適当でOK

ホテルや家に誘う時は、適当なことを言えばOKです。

「返さないといけないDVDがあるから一緒に見ようよ」
「夜景が切な場所だから見せたいんだ」
「家にあるサボテンを見にこない?」
「一緒にyoutube(Cフェーズで盛り上がったやつ)見ようよ」
「家においしいワインがあるんだ」
「最近のホテルは、カラオケもついてるの知ってた?」

Cフェーズがうまくいっていれば、これだけで打診は通ります。

大事なのは女の子に“言い訳”を作ってあげること。

「私はただサボテンを見にきただけ。事に至ったのは男のせい」

この言い訳が大事なのです。
おかしな生き物ですね。笑

もしダメなら、CTスポットに移動して、やり直しましょう。
ラブホ打診の場合は、先にCTスポットを挟んだ方が得策です。

⇒【ホテル打診の前に”CTスポット”!

直接セックスしようと誘うのは絶対ダメ!

間違ってもやったらダメなのは、直接「セックスしよう」「ラブホに行こう」と誘う事です。

これでは女の子に「セックスするか否か」の判断を仰いでいます。
ド即系でない限り絶対にNOがくだります。

まず女の子は軽い女の子と思われたくないのです。

そしてセックスしようと問いかけるのは、女の子の建前さんに判断を仰いでいます。
女の子建前さんはかなり厳しく、ふしだらな事には絶対にNOと言います。

恋愛において建前さんとやりとりするのはクソ。
女の子の人格は、建前さんと雌豚に切り離して考えましょう。

あわせて読みたい
【恋愛工学 奥義サウザーシフトとは】建前と雌豚という概念。CフェーズからSフェーズへの移行。金融日記第138号で紹介された「奥義サウザーシフト」。 この概念は必ず知っておくべきだ。 サウザーシフトはCフェーズからSフェー...

雌豚(本能)に語りかければ打診は通る

もし、すでに雌豚に語りかけることに成功しているのなら、ホテル打診や家へ誘うのはすんなり通ります。

それこそ、手を繋いで「行こう」で通るでしょう。(直接言うのはダメ)

そう言う意味では、先にCTスポットでイチャイチャし、サウザーシフトを終わらせておくとベスト。

何が言いたいかと言うと、誘う文句はマジでどうでもいいと言うことです。
もし女の子に打診が通らなかったとしたら、それはセリフのせいではありません。

・あなたに魅力が足りない
・Cフェーズでの和みが足りない
・Sフェーズへの移行に失敗している

要は食いつきが低いのです。
ダメなら、2軒目で和み直すか、CTスポットでイチャイチャし、雌豚に語りかけましょう。
C→Sへの移行し直します。

あまりにも食いつきが低いなら、放流して次の子へ行きましょう。
「ダメなら次に行く」
統計学的姿勢は恋愛工学の基本です。

 

⇒【モテるため大事には、試行回数

あわせて読みたい
【恋愛工学 CTスポット】ホテル搬送の前にやるべきこと。CからSフェーズへの移行。田舎・地方民には必須の考え方。CTスポットとは、CフェーズからSフェーズへ移行する際、先にクリタッチ(CT)を済ませる場所です。 先にクリタッチを済ませることで...

ガチな理由もやめておこう

「家にいる猫でも見にこない?」

この場合、猫好きな女の子が本当に犬目的で見にくることもあります。

こう言った、ガチでそのつもりで来るような理由はやめておきましょう。

そんな理由を使わないとこない女の子とはそもそもうまく行きません。
放流して次に行きます。

 

ホテル打診や家打診の方法は以上です。
誘い文句は言い訳さえ作ってあげればOKです。

どんなセリフを言うかよりも、Cフェーズで和むこと、もしくはC→Sに上手に移行して置くことが何より重要です。

頑張ってください。

⇒【Sフェーズまとめ シュートの決め方

⇒【CからSフェーズへ移行 サウザーシフト

⇒【ホテル打診の前に“CTスポット

⇒【恋愛工学のテクニック 一覧

⇒【恋愛工学 LINEの運用法

関連記事

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です