LINE

非モテコミットの症状【LINE編】既読が気になったり、メッセージの内容を考えたら要注意。

非モテコミットを実感する場面で多いのは、LINE。
LINEは、女の子と会っていない時間で唯一関われるツールです。

ほとんどの時間がLINEによるつながりがメインになるでしょう。
だから非モテコミット状態にあるかどうかもLINEに対する自分の反応で判断可能。

今回はLINEでの非モテコミットの症状を紹介します。
該当する方は非モテコミット状態である可能性がかなり高いです。

・既読がついているか確認する
・返信が遅くてイライラする
・送るべきメッセージの内容を長時間考える
・スマホの通知音に敏感になる

⇒【非モテコミットとは 対処法も解説

非モテコミットの症状 LINE編

既読がついているか確認する

非モテコミットの症状で多いのが、既読確認です。

自分がメッセージを送った後に、既読がついているかどうかを確認することが多いのなら、非モテコミット状態である可能性はかなり高いです。

送った直後に、「既読がつかないかな〜」と数分画面を見つめているのならかなりの重症です。

それで既読がついたらすぐにトークから出て、見ていることをバレないようにするやつです。
僕もよくやっていました。笑

 

どうでもいい女が相手の時はメッセージを送った後は、もうどうでもよくなっています。
気づいたら返信が来ている感じ。

母さんや友達とのLINEってそんな感じじゃありませんか?
女の子とのLINEが楽しいのはわかりますが、一喜一憂している時点で非モテコミット状態です。

恋愛工学的にはかなり劣勢にあります。

⇒【非モテマインドは言葉に現れる

返信が遅くてイライラする

自分がメッセージを送った後に返信が遅くてイライラする。
もし当てはまるのなら非モテコミット中です。

「まだかな〜まだかな〜」
「なんで全然返って来ないんだろう」
「送った内容が悪かったのかな」

こんなこと、友達相手にはまず考えないはず。
返信が遅いのは送ったメッセージ内容が悪かったり、相手が忙しかったりするのではありません。

非モテコミットをしているような僕らには魅力がなかったのです。

返信が遅くてイライラしていたらそれは非モテコミット状態にあります。

送るべきメッセージの内容を長時間考える

「なんて送ればいいんだろう…。」

こんなことを考えながら数分頭を悩ませているのなら、非モテコミット状態です。

余裕のある状態なら、さっと返信をすることができます。
なぜならLINEなんてクソどうでもいいから。

モテ男は別にLINEで笑いを取ろうとも、無理に会話を繋げようとも思っていません。

無理に会話を繋げようとしたり、LINEで加点を狙う姿勢が非モテコミットに繋がるのです。

「LINEが続かないと関係が終わってしまう…!」

意味のない会話を続けても無駄です。
非モテコミット状態であるほど、さっさとアポリましょう。

そして白黒つけてダメなら次に行きましょう。

スマホの通知音に敏感になる

スマホの通知音がいちいち気になり、好きな女の子から返信が来ていないか意識していたら、それは非モテコミット状態です。

大抵はニュースアプリやゲームの通知だったりします。涙
女の子のLINEというのは全然返って来ないものなのです。泣

事あるごとに「女の子からの返信か!」と気にしている状態はよくありません。
マナーモードにして、たまにスマホを確認するくらいのマインドが欲しいものです。

⇒【「誠実=非モテコミット」ではない。優しくてもモテる男

非モテコミットを変えるには、状況を変えるしかない

以上が非モテコミットの症状です。
普通に恋愛していれば、上の症状は全て該当するはずです。

学生時代の恋愛なんてまさにそうだったはず。

恋愛工学ではそれをやめろ!って言うんですからかなりのきつゲーですね。笑
でもそれがモテるのにてっとり早い方法なのは確か。

僕はなんども言っていますが、非モテコミット症状を理解したところで、意識的に直すのはかなり難しいです。

マインドよりも「状況」を変える方がよほど簡単です。

意識して非モテコミットをやめよう!とマインドを変えるのは至難の技。
かなりのストレスも伴います。

それよりも状況を変えましょう。
コミット先(女の子)を分散させるのです。

何人もの女の子とメッセージのやり取りをしていれば、一人に対する重要度は自然と下がって来ます。

それがモテ男のメッセージにも繋がりますし、自分の精神にも健康的な解決策です。

⇒【非モテコミットを治す方法

⇒【非モテコミットをしてもいい場合