恋愛工学のテクニック一覧
ACSモデル

【会話で”恋愛遍歴”を聞こう】Cフェーズの恋バナ。異性として意識させ友達フォルダを避ける。

デートで女の子と会話する場合、後半には恋愛の話に持って行くのがベター。
中でも恋愛遍歴は必ず聞いておきたい。

・女の子は恋愛の話が大好き
・女の子が当時の気分になりドキドキする
・友達フォルダを避けられる
・好きなタイプがわかる
・真面目度がわかる

恋愛工学ACSモデルのCフェーズで必ずぶっこんでおきたい、恋愛遍歴トークについて解説する。

⇒【最初にして一番の難関“Aフェーズ

⇒【Cフェーズ 女性と会話するときのコツ

女の子は恋愛の話が大好き

女の子は誰しも、恋愛の話が大好き。
まず認識しておきたいのは、女の子は“恋愛のプロ”であるということ。

僕ら男と比べても恋愛に関する熱意は尋常じゃない。
男は、性欲が芽生え始めてから恋愛について考える。

一方女子は、小学生の頃から恋愛について超真剣に悩んでいるのだ。
当時の僕らはドッジボールしか頭になかった。

一日のうちでも恋愛について思考する時間が圧倒的に違う。
男は仕事や趣味など、恋愛以外にも考えることは多々ある。(男は性欲についてはよく考える)

男と女では恋愛に対する熱意が全然違うのだ。
だから恋愛の話となると勢いが違う。

女性で盛り上がる話のほとんどは、恋愛の話なのである。

そんな、女性の専門分野である恋愛の話をしない手はない。
話はガンガン続くので、二人の距離も縮まる。

恋愛遍歴を聞くメリット

恋愛トークのオススメは、恋愛遍歴を聞くことだ。

・過去にどんな恋愛をしてきたか
・前の彼氏はどんな人だったか

これらを聞くと、いろいろなメリットがある。
それらを挙げていこう。

女の子が当時の気分になり、ドキドキする

女性に恋愛遍歴を聞くことで、女性は過去を回想する。
すると過去の楽しかった気分や、ドキドキした気分を思い出す。

人間の脳は、過去の気分と現在の気分を区別できないので、これにより今現在ドキドキしているのと同じ効果になる。

つまり過去の恋愛にドキドキすると、今目の前にいる僕にドキドキしていると勘違いさせられるのだ。

 

これは吊り橋効果でも検証されている。
一緒に吊り橋を渡った人を好きになりやすいのは、吊り橋の恐怖(ドキドキ)を、一緒にいる相手による効果と勘違いするからだ。

そんな感じで目の前にいる女の子をドキドキさせれば、自分に対する食いつきも高まる。

 

さらに「また恋愛がしたいな…」という気分にさせることで積極性を高める効果もある。

 

異性として意識させ、友達フォルダを避ける

恋愛トークをぶっこむことで異性として意識させられる。

フレンドシップ戦略が大好きな非モテたちは、恋愛トークといったデリケートな話は避ける傾向にある。
そんな気遣いはクソだ。

臆面もなくストレートに聞くことで、まず”恋愛”を意識させることができる。

「好きなタイプは?」
「前の彼氏はどんな人だったの?」

と聞くことで、自分があたかも次の彼氏候補と思わせることができる。

食いつきを上げるというよりは、「友達になる気はない」というメッセージを伝えられる。

⇒【非モテマインドは言葉に現れる

⇒【絶対にやってはいけないフレンドシップ戦略

女の子の性格を知り、戦略を立てられる

過去の恋愛遍歴を聞き、女の子の真面目度を測ることができる。

「何人と付き合ってきたの?」
「どれくらい続いた?」
「ワンナイトの関係もあったりしたでしょ?笑」

どんなタイプの女の子かを知ると、戦略も立てやすい。

例えば、今まで一人も付き合ったことのない子に対して、いきなりキスは厳しいかもしれない。
セクトラは次回に持ち越して、今回は健全解散という選択もあるだろう。
処女相手に初回からシュートを打った話

 

逆にワンナイトの経験が豊富な子については、ガンガンシュートを打っていけばいい。
2軒目も考えず、さっさと店を出てハンドテストで見極められる。

恋愛遍歴を聞くと、どんな女の子か知れるので、戦略も立てやすくなるのだ。

見極めがつかないうちは、スタティスカルアービトラージに基づき、思考停止で初回セクトラでいい。

⇒【わからない時はシュートを撃て!

女の子のタイプに自分を寄せられる

恋愛遍歴から女の子のタイプを聞き出すこともできる。

「そういう人が好きなんだ」
「今まで付き合ってきて、結局どういう人が好き?」

女の子の理想をききながら、自分をそれに近づけていく。

女「前の彼氏は、店員さんに悪態つく人で最悪だった」

ならば自分は店員さんにしっかりとお礼を言おう。
最後はごちそうさまでしたと言って、店を出よう。

恋愛トークはカンニングにもなり得るのだ。

⇒【恋愛工学のテクニック 一覧




自分の恋愛遍歴については渋々と話す

恋愛トークをしていると、自分の過去についても必ず聞かれる。

そんな時は渋々”といった態度で話すこと。
まず、「ペラペラとお前なんかに話したくないんだけどな」と”態度”で表すことで、いいディスりになる。

『この人は私にペコペコしない価値の高い人なんだ』

パッシブディスだ。

 

また、自分からペラペラと過去の恋愛を話すのは、単純にダサい。

「俺の話はいいから、君の話を聞かせてよ」

Cフェーズの原則は、女の子に8割話させること。

 

こちらの話は、本当に真剣に聞かれた時だけ、嫌嫌な感じで話そう。

 

Cフェーズ後半の恋愛トークについては以上だ。

⇒【Cフェーズ 女性と会話するときのコツ

⇒【恋愛工学のテクニック 一覧

⇒【ファッションの考え方・選び方

⇒【恋愛工学 LINEの運用法

関連記事

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です